チャンスがピンチなお年頃

婚活カウンセリングは大阪のプレ婚マルマロン心理カウンセラー小林順子

チャンスが巡ってきた!

ラッキーですよね。

このチャンスを逃すまいと必死に食らいつく。

ちょっと待って。

でも、もしこのチャンスをモノに出来なかったら?

もう二度とチャンスは訪れない?

失敗できない?

なら、このチャンスは見逃しとく?

だって、失敗できないんだもん。

まさにチャンスがピンチなお年頃。

何時頃からこんな思考になったかな?

ここで質問。

このチャンス逃して何かお得な事ありますか?

具体的に述べよ。

え?

「傷つかずに済む」って?

それ、本当にそうですか?

チャンスをモノにする事と

傷つかずに済む事を天秤にかけてみて。

どうですか?

選べない?動けない?

なぜ?

そんなお話、プレ婚マルマロンでしています。

そもそもなぜそうなった?

そもそも婚活する前に。プレ婚

お問い合わせ、ご相談受付中です。

    入力内容をご確認の上「送信」ボタンを押してください。送信完了後、自動返信メールを送信いたしますのでご確認ください。

    逃げる?逃げられる?

    婚活セカンドオピニオンはプレ婚マルマロン

    「逃げる」というのは、ターゲットにされている時。

    つまり受け身の時

    「逃げられる」というのは、追いかけている状態。

    つまり攻めの時

    よく

    「追えば逃げる。逃げれば追う」

    という言葉を耳にします。動物的本能から来る心理。

    実際に今まで生きてきて、

    他人相手に逃げたり逃げられたりした事ありますか?

    物事に対して逃げた経験はあるでしょうけど、

    他人に対して逃げたり逃げられたりの経験って・・・

    そんなお話、プレ婚マルマロンでお伺いしています。

    そもそもなお話。

    婚活する前、プレ婚時期に知っておくこと。気づいておくこと。

    お気軽にご相談ください。

      入力内容をご確認の上「送信」ボタンを押してください。送信完了後、自動返信メールを送信いたしますのでご確認ください。

      守られたい?守ってあげたい?

      婚活する前にプレ婚マルマロン

      いま、どんな気持ちですか?

      守られたい?

      守ってあげたい?

      相手に寄りますか?

      「誰かとつながりたい」「一緒にいたい」「一人は寂しい」

      守られる=認められる

      守られる=保護される

      守られる=許される

      その相手は、両親だったり友人だったりパートナーだったり。

      生まれてからずっと両親に守られて、結婚してパートナーに守られるようになる。

      ところが、この普通の当たり前な順序を踏めない人がいます。

      両親から守られた実感が無い人です。

      失った時間は取り戻せないのか?

      取り戻せないけど、決着つけて次に進むことはできます。

      パートナーに依存しすぎてしまったり、

      期待しすぎてしまったり、

      とにかく満たされず不安になってしまう方、

      まず、決着つけましょうか。

      そんなそもそもなお話。

      プレ婚マルマロンでは、そもそも婚活する前になお話しています。

      そうそう。

      「守ってあげたい」感情は、「守られている」ベースがあっての感情です。

      でもね、「守ってあげたい」=「守られたい」だったりすることが多いという事実も。

      はい。そんなお話ももちろんプレ婚マルマロンで。

      Blog&Colum

      ブログ&コラム

      婚カツする前に考えてほしいこと

      イベント情報や

      オーナーこばやしじゅんこの日々の出来事など

      お伝えしたい情報を発信しています。