自分語り苦手

バウムテスト診断で婚活カウンセリングは大阪のMARUMARON

婚活が上手く行かない。自分の事を話すのが苦手でアピールできない。何だか損してる気がする。そんな「自分語りが苦手」という方へオススメしたいのが、バウムテスト診断です。

カウンセリングに興味はあっても、自分の事を上手く話せないから満足なカウンセリングが受けれない。たくさん話してもどうせ理解してもらえない。自分の思っている事が言えずに、思ってないことを言ってしまう。

自分語りって本当に難しいですよね。

バウムテストを利用すると、自分の事を語らなくてもOK。なのに、結果自分の事がよーくわかってしまう!というカウンセリングです。

上級心理カウンセラー小林順子が、色んな目線でお話伺います。嘘ついてもいいですよ。自分が描いた絵についてお話しいただくだけです。

私は、あなたが描いた絵について質問するだけ。そう。絵についての質問です。

これなら、自分語りが苦手な方でもOKですよね。

対面カウンセリングは大阪市内の個室で行います。レンタルスペースを利用するので、場所はお申し込み後にご案内いたします。

所要時間は2時間。

最初にお絵描きしてもらって、その後カウンセリングスタートです。

ご用意いただくものは何もありません。

お支払いは、場所と日時が決定してから。カウンセリング3日前までにクレジットカード、又はお振込みにてお願いいたします。

バウムテストカウンセリングの各種メニューと料金はこちらから↓

バウムテスト心理婚活カウンセリングは大阪のプレ婚マルマロン心理カウンセラー小林順子
バウムテスト心理プレ婚

上級心理カウンセラー小林順子の詳しい経歴はこちら↓

バウムテストを利用した婚活心理カウンセリングは大阪のプレ婚マルマロン上級心理カウンセラー小林順子
カウンセラー小林順子の詳しい経歴

ご予約お問い合わせはフォームよりお願いいたします。

    入力内容をご確認の上「送信」ボタンを押してください。送信完了後、自動返信メールを送信いたしますのでご確認ください。

    失敗なのか?経験なのか?

    婚活セカンドオピニオンはプレ婚マルマロン

    苦労は買ってでもしろ

    昔の人はこんな事言ってましたね。

    これって、苦労したことが経験となって次につながるって事ですよね。

    例えば、交際相手がDVな人だった場合。

    この経験を失敗で終わらす人と、経験として活かせる人と。

    前者はこんな苦労買っちゃダメですよね。

    ではどうするか?

    そんな失敗しないようにすれば良いんです。

    どうやって?

    そもそも、なぜそんなDV相手を選んでしまったのか?

    ここが重要。

    この原因がわからなければ、何度も何度も繰り返し失敗してしまう。

    経験が活かされない訳です。

    繰り返し失敗してしまう方、そもそもなお話プレ婚マルマロンでしてみませんか?

    そもそも婚活する前に。

    お気軽にご相談ください。

      入力内容をご確認の上「送信」ボタンを押してください。送信完了後、自動返信メールを送信いたしますのでご確認ください。

      意味のある痛み 意味のない痛み

      婚活セカンドオピニオンはプレ婚マルマロン

      自分自身が感じる「痛み」ってどんなものがありますか?

      歯が痛い

      ひどい頭痛

      説明しようが無い心の痛み

      この3つの痛みの違いって何でしょう?

      「歯が痛い」

      治療すれば治る痛み

      「ひどい頭痛」

      薬を使っても治らない。眠っているときだけ痛みから解放される。

      「説明しようが無い心の痛み」

      自分にしかわからない痛み。失恋した。心を傷つけられた。

      では、どんな「痛み」なら耐えられますか?

      結果に希望が持てる痛みは我慢しがいがありますよね。

      治療したら治るんですから。

      この歯痛は治るんだから。治るための痛み。

      では、原因不明の痛みや、

      出口の見えない心の痛みは我慢できますか?

      治るかどうかもわからない。どうやって治せばいいのかもわからない。

      この痛みは何のため?

      意味の無い痛み、ご自身はどうしていますか?

      そんなお話、しています。

      カウンセリング、お気軽にご連絡ください。

        入力内容をご確認の上「送信」ボタンを押してください。送信完了後、自動返信メールを送信いたしますのでご確認ください。

        優越感・劣等感 その影に隠れる正体は?

        婚活セカンドオピニオンはプレ婚マルマロン

        目の前にいる他人に対して様々な感情が芽生えますよね。

        初めて対面した相手を無意識のうちに選別してしまうのでは?

        その主軸の感情が優越感と劣等感。

        では、相手に対して優越感を感じる時

        どんな感情が芽生えますか?

        「軽蔑、嫌悪」

        「慈愛、庇護欲」

        これ、真逆ですよね。

        でもどちらも「優越感」から派生する感情。

        では、相手に対して劣等感を感じる時

        どんな感情が芽生えますか?

        「恐怖、逃走」

        「尊敬、憧れ」

        この感情もまた真逆ですが、

        どちらも「劣等感」から派生する感情。

        さて、あなたが感じているその「優越感」と「劣等感」はどちら側の感情ですか?

        そんな事を紐解きながら、自分を知る時間。

        そもそもなお話。

        婚活する前にわかっておかなくてはならない事。

        そうすれば、出会わなくても出逢えるんです。

        プレ婚マルマロンは、そんなご相談を広く承っております。

        お気軽にお問い合わせください。

          入力内容をご確認の上「送信」ボタンを押してください。送信完了後、自動返信メールを送信いたしますのでご確認ください。

          やれば出来る!の後に続く言葉は?

          婚活セカンドオピニオンはプレ婚マルマロン

          「やれば出来る!」

          お笑い芸人さんでこの言葉を使っている方がいますよね。

          とても肯定的で元気になれるし励まされます。

          あなたなら出来る!

          あなたはやればできる子よ。

          幼少の頃から幾度となくこの言葉をかけられて、励まされてきた方も多いと思います。

          「やれば出来る」とは便利な言葉で、

          やらない理由にもできてしまいます。

          「やれば出来るからやらなくていい」

          「やれば出来るから今じゃなくていい」

          「やればできるからいつかやる」

          ご自分の中で「やれば出来る」と思っている事ありますか?

          「婚活すれば結婚できる」

          「出会いがあれば結婚できる」

          ご自分の中の「やれば出来る」をやる理由に変換すると

          「やれば出来るから頑張ってやり遂げる」

          「やれば出来るはず。だから諦めない」

          「やれば出来る!信じて実行する」

          やらない理由にするのも自分自身だし、

          励みにして前へ進むのも自分自身。

          そんなそもそもなお話。

          婚活する前にそもそもなお話。

          プレ婚マルマロンでしています。

          婚活セカンドオピニオン受付中

          婚活セカンドオピニオン
          婚活セカンドオピニオン

          痛いの痛いの飛んでいく人、飛んでいかす人

          婚活セカンドオピニオンはプレ婚マルマロン

          子供の頃、お母さんにやってもらいましたよね。

          「痛いの痛いの飛んでいけ」

          何故だか痛みが飛んでいきませんでしたか?

          言葉だけじゃなくて、お母さんに触れてもらってましたよね?

          患部をさすりながら「痛いの痛いの飛んでいけ」

          このさすってもらう行為が実は重要で。

          「誰に触れてもらうか」

          誰でもいいわけではないですよね。

          いくら子供の頃でも、見知らぬ怖そうな人にさすられても恐怖しかない。

          絶対的に安心できる信頼している親(相手)だから、

          痛いの飛んでったわけで。

          本当の痛みを和らげるのは、安心できる人がいるかどうか。

          そして、自分自身が誰かの痛みを和らげられているのか。

          そんな「気持ち」ありますか?

          そもそも婚活する前になお話。

          プレ婚マルマロンは、そもそもなお話しています。

          蓋が出来ない感情の正体

          婚活セカンドオピニオンはプレ婚マルマロン

          突然湧き上がるような「イラっ」とした感情、経験したことありませんか?

          冷静に考えると全然大したこと無いのに、何故だか沸々と自分の中から抑えられない感情が湧き上がる。

          何故、今日はこんなに許せないんだろう。

          何故、今日はこんなに納得できないんだろう。

          この感情は、過去の自分の抑えていた感情です。

          これは厄介で、ちょっとしたきっかけで突然出ます。

          一度出ると度々出ます。

          そう。

          蓋が緩んでしまったから。

          感情に蓋をしても、いつか緩みます。

          緩むだけでなく、抑えていた感情が爆発して吹っ飛びます。

          どうすればいいのか?

          抑えていた感情の中身を知って、理解し、納得しピリオドを打つことです。

          そんなお話プレ婚マルマロンではしています。

          ピリオド打てたら、出逢えます。自然に。

          なぜ出逢えないのか?そもそも、あなた自身が準備不足なのでは?

          その準備のお手伝い、プレ婚マルマロンで。

          お気軽にご相談ください。

            入力内容をご確認の上「送信」ボタンを押してください。送信完了後、自動返信メールを送信いたしますのでご確認ください。

            不確かなものへの期待

            婚活セカンドオピニオンはプレ婚マルマロン

            はっきりさせたい事とはっきりさせたくない事ってありますよね。

            相手の気持ちを想像する時。

            想像するということは、不確かな状態。

            この不確かな状態をはっきりさせたいというのは、ある程度自分の中で勝算がある時ではないでしょうか?

            一方、はっきりさせたくない時は

            「嫌われているかもしれない(不安)」

            「けど、嫌われてないかもしれない(期待)」

            「裏切られたかもしれない(不安)」

            「何か事情があったかもしれない(期待)」

            不確かな事柄に関しては、期待と不安が表裏一体で付きまといます。

            ずーっとはっきりさせないで、現実から目をそらし不確かなものへ期待しすぎていませんか?

            期待することは悪い事ではありませんが、そのままでは期待が現実の喜びになることはありません。

            そんなそもそもなお話。

            プレ婚マルマロンではしています。

            そもそも婚活する前になお話。

            婚活セカンドオピニオンはプレ婚マルマロン

            想像と妄想の違い

            婚活セカンドオピニオンはプレ婚マルマロン

            妄想とはありもしない事実を事実だと思い込む事。

            想像とは現実には無い事柄を心の中に描く事

            想像と妄想って似てるけど違う。

            マイナス思考の方が信じられやすく受け入れられやすいというお話は、何度かこのコラムでもしていますが、想像と妄想もそれ。

            では、これは想像?妄想?

            「結婚して幸せな自分」

            「仕事が順調な自分」

            「ダイエットに成功した自分」

            「明日プロポーズされる自分」

            「お金持ちな自分」

            「スタイル抜群な自分」

            「人気者な自分」

            想像できますか?

            それとも妄想しちゃいますか?

            未来のなりたい自分は想像なのか妄想なのか。

            そんなお話プレ婚マルマロンではしています。

            そもそもなお話。

            そもそも婚活する前になお話。

            評価するVS批判する

            婚活セカンドオピニオンはプレ婚マルマロン

            褒めたり好意を伝えたり出来ますか?

            では、ご自身の周りの人、誰でもいいです。褒めてみてください。

            ご両親、兄弟、友人、部下、上司、コンビニのレジの人、電車で隣に座った人。

            最低5つ。

            褒めるって結構難しいでしょ。

            ではでは逆にけなしてみてください。批判してみて。

            めっちゃ出ませんか?

            人って否定的な考えの方が受け入れやすいんですよね。

            おめでたい言葉を意識的にたくさん声に出して言ってみてください。

            言葉が思い浮かばないって方は、調べてでもいいから網羅して。

            日本語って、同じ意味なのに様々な言い回しができますよね。

            「誰とも話が通じない」「話してみたい人がいる」

            「私の事興味なさそう」「私の事知ってもらおう」

            批判と評価は表裏一体。

            どちらもイーブン。なのに、なぜか裏(批判・否定)ばかり気になる。

            そんな時は表(評価・好意)を意識的に前面に。

            そんなお話、プレ婚マルマロンではしています。

            そもそもなお話。そもそも婚活する前に

            まずは自分を理解してくださいね。