蓋が出来ない感情の正体

婚活セカンドオピニオンはプレ婚マルマロン

突然湧き上がるような「イラっ」とした感情、経験したことありませんか?

冷静に考えると全然大したこと無いのに、何故だか沸々と自分の中から抑えられない感情が湧き上がる。

何故、今日はこんなに許せないんだろう。

何故、今日はこんなに納得できないんだろう。

この感情は、過去の自分の抑えていた感情です。

これは厄介で、ちょっとしたきっかけで突然出ます。

一度出ると度々出ます。

そう。

蓋が緩んでしまったから。

感情に蓋をしても、いつか緩みます。

緩むだけでなく、抑えていた感情が爆発して吹っ飛びます。

どうすればいいのか?

抑えていた感情の中身を知って、理解し、納得しピリオドを打つことです。

そんなお話プレ婚マルマロンではしています。

ピリオド打てたら、出逢えます。自然に。

なぜ出逢えないのか?そもそも、あなた自身が準備不足なのでは?

その準備のお手伝い、プレ婚マルマロンで。

お気軽にご相談ください。

    入力内容をご確認の上「送信」ボタンを押してください。送信完了後、自動返信メールを送信いたしますのでご確認ください。

    不確かなものへの期待

    はっきりさせたい事とはっきりさせたくない事ってありますよね。

    相手の気持ちを想像する時。

    想像するということは、不確かな状態。

    この不確かな状態をはっきりさせたいというのは、ある程度自分の中で勝算がある時ではないでしょうか?

    一方、はっきりさせたくない時は

    「嫌われているかもしれない(不安)」

    「けど、嫌われてないかもしれない(期待)」

    「裏切られたかもしれない(不安)」

    「何か事情があったかもしれない(期待)」

    不確かな事柄に関しては、期待と不安が表裏一体で付きまといます。

    ずーっとはっきりさせないで、現実から目をそらし不確かなものへ期待しすぎていませんか?

    期待することは悪い事ではありませんが、そのままでは期待が現実の喜びになることはありません。

    そんなそもそもなお話。

    プレ婚マルマロンではしています。

    そもそも婚活する前になお話。

    想像と妄想の違い

    妄想とはありもしない事実を事実だと思い込む事。

    想像とは現実には無い事柄を心の中に描く事

    想像と妄想って似てるけど違う。

    マイナス思考の方が信じられやすく受け入れられやすいというお話は、何度かこのコラムでもしていますが、想像と妄想もそれ。

    では、これは想像?妄想?

    「結婚して幸せな自分」

    「仕事が順調な自分」

    「ダイエットに成功した自分」

    「明日プロポーズされる自分」

    「お金持ちな自分」

    「スタイル抜群な自分」

    「人気者な自分」

    想像できますか?

    それとも妄想しちゃいますか?

    未来のなりたい自分は想像なのか妄想なのか。

    そんなお話プレ婚マルマロンではしています。

    そもそもなお話。

    そもそも婚活する前になお話。

    評価するVS批判する

    褒めたり好意を伝えたり出来ますか?

    では、ご自身の周りの人、誰でもいいです。褒めてみてください。

    ご両親、兄弟、友人、部下、上司、コンビニのレジの人、電車で隣に座った人。

    最低5つ。

    褒めるって結構難しいでしょ。

    ではでは逆にけなしてみてください。批判してみて。

    めっちゃ出ませんか?

    人って否定的な考えの方が受け入れやすいんですよね。

    おめでたい言葉を意識的にたくさん声に出して言ってみてください。

    言葉が思い浮かばないって方は、調べてでもいいから網羅して。

    日本語って、同じ意味なのに様々な言い回しができますよね。

    「誰とも話が通じない」「話してみたい人がいる」

    「私の事興味なさそう」「私の事知ってもらおう」

    批判と評価は表裏一体。

    どちらもイーブン。なのに、なぜか裏(批判・否定)ばかり気になる。

    そんな時は表(評価・好意)を意識的に前面に。

    そんなお話、プレ婚マルマロンではしています。

    そもそもなお話。そもそも婚活する前に

    まずは自分を理解してくださいね。

    守られたい?守ってあげたい?

    いま、どんな気持ちですか?

    守られたい?

    守ってあげたい?

    相手に寄りますか?

    「誰かとつながりたい」「一緒にいたい」「一人は寂しい」

    守られる=認められる

    守られる=保護される

    守られる=許される

    その相手は、両親だったり友人だったりパートナーだったり。

    生まれてからずっと両親に守られて、結婚してパートナーに守られるようになる。

    ところが、この普通の当たり前な順序を踏めない人がいます。

    両親から守られた実感が無い人です。

    失った時間は取り戻せないのか?

    取り戻せないけど、決着つけて次に進むことはできます。

    パートナーに依存しすぎてしまったり、

    期待しすぎてしまったり、

    とにかく満たされず不安になってしまう方、

    まず、決着つけましょうか。

    そんなそもそもなお話。

    プレ婚マルマロンでは、そもそも婚活する前になお話しています。

    そうそう。

    「守ってあげたい」感情は、「守られている」ベースがあっての感情です。

    でもね、「守ってあげたい」=「守られたい」だったりすることが多いという事実も。

    はい。そんなお話ももちろんプレ婚マルマロンで。

    死に方と死に様の違い

    「結婚なんてめんどくさい」

    「一人でも十分楽しい」

    最近そんな言葉をよく耳にします。

    では、きつーい質問。

    あなたが死ぬ時はどんな様子ですか?

    死ぬ時・・・

    病院とか施設かな・・・

    苦しまずに楽に・・・

    自宅で一人かな・・・

    コロっと死にたいな・・・

    これって、全部死に方なんですよね。

    「どうやって死ぬか」なんです。

    では死に様とは・・・

    自分の思いが現れること。つまり死に様とは生き様。

    さて、あなたの死に様=生き様は?

    そんなお話もプレ婚マルマロンではさせていただいてます。

    プライドは傷つかない

    「プライドを傷つけられた」

    さて、どんな時に使いますか?

    「自分の方が妥協して付き合ってやってたのに、相手から連絡がなくなった」

    「バカにされた」

    「相手にされなかった」

    なんか嫌ですね。

    で、「プライドが傷ついた」と。

    では、問います。

    あなたの「プライド」とやらは、何基準ですか?

    それは、後付けでは無いですか?

    後付け=メッキ

    メッキが剥げたって、元々のあなたはそのままです。

    そう。プライドは傷つかない。

    では、元々のあなたとは?

    そんな、婚活する以前のそもそものお話。プレ婚マルマロンではしています。

    カエルの子はカエル

    才能とか、容姿とか。

    他人と比べる要素として、一番わかりやすいです。

    人をうらやむ時、相手が元々持ち合わせている状況を目の前にすると

    持ち合わせていない自分が情けなく嫌になったりします。

    「どうせ自分は・・・」

    カエルの子はカエル。

    カエルだと悪いですか?

    問題はカエルが残念なのではなく、どんな生き方をしているカエルなのかです。

    他人をうらやむ前に、まず自分です。

    自分がどうなのか?どうあるべきなのか?

    婚活で相手に色々求める前に、まず自分。

    そんなお話、プレ婚マルマロンではしています。

    積み上げても無駄

    努力は必ず報われる!

    頑張ればなんとかなる!

    とにかく経験を積む!!

    自分の経験値を積み上げて、どんどん進む。

    めっちゃいいやん。

    しかし、積み上げても積み上げてもグラグラする。

    何となく上滑りしているような。

    それ、土台がグラついてるからですよ。

    土台=自分自身

    理想の相手を見つけても、

    付き合えても、

    結婚できても、

    結局ダメになってしまうのは、土台がグラついてるからです。

    それってもう手遅れ?

    いやいや、簡単です。自覚するだけでOK

    そんなお話、婚活以前のそもそものお話。

    プレ婚マルマロンでしています。

    期待値とお金の関係

    お金を払うとその分期待しますよね。

    「お金払ってるのに」

    「有料なんだから」

    「お金払ってるから」

    では、人間関係とお金ってどう思いますか?

    自分に有益な情報をもたらしてくれる対価としてお金を払う。

    自分の理想に合わせてくれる、あっている人を見つけるためにお金を払う。

    入り口としては悪くないですね。

    「お金払ってるのになんでこんなカスとしか出会いないの!」

    「お金払ってるのにもっといい女揃えとけよ!」

    ん?

    なんか、もやっと・・・

    そんなお話、プレ婚マルマロンではさせていただいてます。