痛いの痛いの飛んでいく人、飛んでいかす人

子供の頃、お母さんにやってもらいましたよね。

「痛いの痛いの飛んでいけ」

何故だか痛みが飛んでいきませんでしたか?

言葉だけじゃなくて、お母さんに触れてもらってましたよね?

患部をさすりながら「痛いの痛いの飛んでいけ」

このさすってもらう行為が実は重要で。

「誰に触れてもらうか」

誰でもいいわけではないですよね。

いくら子供の頃でも、見知らぬ怖そうな人にさすられても恐怖しかない。

絶対的に安心できる信頼している親(相手)だから、

痛いの飛んでったわけで。

本当の痛みを和らげるのは、安心できる人がいるかどうか。

そして、自分自身が誰かの痛みを和らげられているのか。

そんな「気持ち」ありますか?

そもそも婚活する前になお話。

プレ婚マルマロンは、そもそもなお話しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です